cyanpon の お気に召すまま

気の向くまま赴くまま

Slackを無償で1年間使って見えてきたもの。

どうも、イシカワ(@cyanpon)です。

只今、レッズvs鹿島のチャンピオンシップ第1戦の録画を見ながら書いてます。
(阿部ちゃんのPKで勝ったぜ!)


ビールを飲みたい気分ではありますが、
Windows10も無事アップデートしたところで…、
仕事で使っているチャットツール【Slack(スラック)】について
語っておきたいことがございます。

Chatwork(チャットワーク)と比較されがちなアレなツールではあるのですが、
つい最近、DeNAのキュレーションメディア『Welq』にて、
パクリ疑惑の記事を大量生産するチャットツールとして取り扱わられていたらしく、
代表取締役の山本さんも頭が痛いご様子...
www.buzzfeed.com

とはいえ、日本の企業ではメジャーなChatworkでも、
世界的に見ればSlackの方がジャイアント級な認知度な訳です。

ここ数年、Slackの今風なユーザーインターフェス、圧倒的な使いやすさ、数あるツールとの連携から、
ベンチャー界隈ではエンジニア中心に浸透してきています。
ただ、無償と有償では雲泥の差で相当な機能のシバリがあり、痒いところに手が届かなかったりします。


例えば、"10000messagelimit" なる鬼畜な仕様が存在し、それを越えてしまうとタイムラインを遡ることが出来ず、
検索にも引っかからない。また、Pinしてもチャンネルに残らない。無論、スター付けても意味がない。と言った具合。

とはいえ、無償で使い捲る方の中に救世主はやっぱり存在して、
↑この場合、下記のブログ記事で大変助かりました。(有難うございました!)
motemen.hatenablog.com


また、Slackの良いところとして、多種多様なツールと連携することで 情報が共有されたり、通知されたり
良い事尽くめな訳ですが、直接ファイルをアップロードする使い方も出来たりします。

それが、神対応的な機能だったりするので、迷わず使ってしまいがちなのです。
運用する方針として、あくまでもSlackはチャットツールとして使い、ストレージは外部を使ってね。
なら分かるのですが、便利機能を使わない訳にはいかないというのが性というもの。

そんな中、やっぱり救世主は存在した!!!
blog.animereview.jp

本日、シンジさんとコンタクトを取らせて頂いたら、
即レス返ってきてマジ嬉しいっす!

コマンドはローカルからぶち込みます
あと、Slackのオーナー権限だと、Slackのファイルのリテンション機能が使えて、何日後に削除とか出来るようになっているのですが
シンジがオーナー権限を持っていないため、検証中です。この辺も併せてご確認くださいー


●概要
・指定した期間を経過したファイルを検出して削除する
・対象はパブリックチャンネルのみ

●必要なコード
・muramasa64/slackpolice-GitHub https://github.com/muramasa64/slackpolice

●ローカルにぶち込む2行のコマンドライン
>gem install slackpolice
>slackpolice remove_files --days 7 --api-token your_api_token

→この場合、7日前(1週間経過)したファイルを検出して削除


早速、合間をみて再チャレンジするのだ。


ちなみに、BOXというオンラインストレージを使えば、
Slackとファイル共有の連携ができるので、無理に削除せずとも幸せかも。
使い方としてはこんな感じですね。
http://qiita.com/komasshu/items/baf079848fb096424305
https://blog.animereview.jp/box-to-slack/

広告を非表示にする