読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyanpon の お気に召すまま

気の向くまま赴くまま

アギーレ解任後の監督候補は?

サッカー

どうも、cyanponです。

サッカーバカの私としては、
アギーレの八百長疑惑にいてもたってもいられず、
後任人事を早く済ませろ!と地団駄を踏む毎日。

何故、詐欺罪の疑いがある監督にアジア杯を任せたのか、
日本サッカー協会の体制に不信感を抱かざるを得ない。

そんな不安定な心理状況の中で、
『今はサッカーの事しか頭にない』とはいえ、
優勝狙えって無理でしょ、そんなもん。

いつ法廷に訴えられてもおかしくないし、
誰でも心底気になってしょうがない。

当のアジア杯がBEST8止まりだったのも、
監督の手腕を評価する意味で、解任を後押ししたことは、
ある意味いいタイミングだったのではないか。

八百長疑惑が生じてから、少なからず、
新たな監督を探していると思いたいのだが、
今回の大仁会長らの話しを聞く限り、
これから動くような口振り。やる気あるのか。


そんな動きの鈍い協会の人らに変わり、
個人的に後釜に据えたい監督の候補をお届けしたい。


【前提】

※日本人監督の候補はいない。
※現Jリーグ監督からの引き抜きは行わない。
※過去の代表監督からの歴任もなし。

===============

1.ルイス・フェリペ・スコラーリ

02年日韓W杯で母国を優勝に導き、ポルトガル代表監督として04年ユーロ準優勝、06年ドイツW杯4位の実績を誇る。
また97年にわずか4ヶ月だけジュビロ磐田で指揮を執り、後の黄金時代の基礎作りに貢献。

2.ホセ・ペケルマン

10年南アフリカW杯後には日本サッカー協会が後任候補としてリストアップしていた経緯も。
U-20アルゼンチン代表を3度世界王者に導くなど若手指導に定評がある。
04年から06年にはアルゼンチン代表を指揮し、12年にはコロンビア代表監督に就任。

3.レヴィー・クルピ

個性を伸ばしてチーム力に還元するマネージメントが優れており、若手育成に手腕を発揮。
香川(ドルトムント)や柿谷曜一朗バーゼル)、清武弘嗣ニュルンベルク)、山口蛍(セレッソ大阪)ら6人の日本代表を輩出。

4.デイヴィッド・モイーズ

02年から11年間も渡ってエヴァートンプレミアリーグ)を指揮。少ない予算で何度も奇跡を見せる。
03、05、09年にはリーグ監督協会選手による年間最優秀監督に選出するほどプレミアを代表する名将の一人。

5.ドラガン・ストイコビッチ

名古屋グランパスをクラブ史上初の優勝に導くなど実績は申し分ない。
TBS『NEWS23』に電話で生出演し「オファーが来たら私としては受け入れたい」と前向きな姿勢を見せる。

6.エルネスト・バルベルデ

知名度は高くないが、ギリシャオリンピアコスFCをリーグ優勝に導くなど実績を残しており、
実力派のバルベルデが日本代表監督の最終候補に残ったこともある。
⇒10年、代表監督として名前が挙がったが交渉はまとまらなかった経緯も。

7.ビクトル・フェルナンデス
攻撃サッカーの信奉者として名高い。
04シーズン、トヨタカップにてFCポルトポルトガル)で優勝の実績を持つ。
南アフリカW杯後の後任として候補にも挙げられたが、実現しなかった。

8.オズワルド・オリヴェイラ

07年から5年間指揮した鹿島時代にはV3を達成するなど実績、日本サッカーの知識も申し分ない。
オリヴェイラ氏本人も以前から日本代表監督には強い意欲を見せている。
⇒現在、母国ブラジルのパルメイラスを指揮しているが、日本協会からオファーがあれば、
 契約を解除できる条項が盛り込まれており支障は少ない。

9.マルセロ・ビエルサ

現フランスのマルセイユ監督。戦術マニアとして知られ、趣味はサッカーの試合のビデオ収集。
アルゼンチン、チリの代表監督を歴任し、アスレチックビルバオの躍進にも貢献。

10.ジョゼップ・グアルディオラ

現ドイツのバイエルンミュンヘン監督。
FCバルセロナとスペイン代表で活躍し、08-12にかけてFCバルセロナの監督を歴任。
華麗なパスサッカーは、今の日本代表にマッチしている。
⇒個人で打破するスタイルのモウリーニョチェルシー)より合っていそう。

===============

ネット上の見解を拝見すると、
玄人の視点からは、香川・柿谷・清武を輩出したクルピ。
素人の目線からは、ストイコビッチ
マスメディアからは、スコラーリを押す人も。

やっぱ、若い年代の活躍と強化は、今の代表の及第点でもあるし、
それを活かすというのであれば、、
ペケルマンか、クルピのどちらかになるのでは?

ただ、ビエルサや、グアルディオラのサッカーも観てみたい。

広告を非表示にする