読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyanpon の お気に召すまま

気の向くまま赴くまま

ベイマックスは全てにおいて完璧だった。

f:id:cyanpon:20150206191142j:plain

『ベイマックス』を観てみた感想を、ざっくばらんに書いてみたいと思う。

率直な感想としては、
良い意味で(期待を裏切られた)というのが
正直なところ。

既にこの映画を観た方々のレビューを拝見する限り、
過去のディズニー映画と比べても「アナと雪の女王」とは一線を画す素晴らしい出来というのは、
大方の予想通りに見受けられる。


”あなたの心とカラダを守ります”と日本版ポスターにも書いてあるように、
この映画を観る前までは、
一人の少年タダシと、ケアロボットの心温まる触れ合いファンタジーのような
イメージが強かったのだが、、蓋を開けてみたらとんでもない。
バリバリのアメコミヒーローものだったことに驚きを隠せない。

そもそも、現代は『Big Hero 6(ビッグ・ヒーロー・6)』というマーブルコミックの漫画。
ベイマックスでは、仮想のサンフランシスキョーとして舞台はアメリカっぽいが、
原作の世界では日本をイメージしたサムライ魂が見てとれる戦隊ものになっている。

ディズニーは、この漫画をリスペクトしたうえで、
ベイマックスとヒロを物語の中心に沿えて、リテイクした作りを行い、
全く別のヒーロー像を生み出した。

これも、ディズニー映画を不況のどん底から立ち直らせた
エド・キャットムルとジョン・ラセターピクサー共同創設者二人の
成せる技としか言いようが無い。

ピクサー流 創造するちから―小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

ピクサー流 創造するちから―小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

個人的に好きな場面(というか泣けた)は、
ベイマックスがワームホールからヒロをロケットパンチで助け出すシーン。
思わず、涙がちょちょ切れてしまった。。

それで終わらず、ロケットパンチの手の中に残っていたチップのおかげで
ベイマックスを復元できてしまうというおまけ付き。
もう、こぼれ落ちる涙もここで最高潮である。

最後のエンドロールで流れるAIの「STORY」で
顔面がぐしょぐしょで鼻水ズルズルである。
もはや、準備良く持ってきていたティッシュも品切れ。

隣で観ていたカップルからも、
「いい話しだったよね(彼)」「うん(彼女)」みたいな
感想が自然に漏れていた。


そんなこんなで、前説で流れるショートストーリーが
ディズニー映画ではよくあるのだが、これがまたかなり卑怯というか、
これで深層心理に余計に響いてきたのは私だけだろうか。

子犬の食事にまつわるエピソードがとにかく秀逸。
ベイマックスを観る前から、はからずも泣いてしまった。


皆さんは、このベイマックスを観て
どのような感想や感情を持たれただろうか。

是非観て頂きたいディズニー映画の一本。

広告を非表示にする